統計用プログラミング言語Rと統合開発環境RStudioのインストール方法

本記事の目的と対象

本記事の目的は、統計用プログラミング言語「R」となにかを説明し、そのインストール方法を紹介することにある。

加えて、Rによる分析を簡単にするための統合開発環境「RStudio」のインストール方法を解説する。

対象者は以下の条件を満たす読者である。
  • 統計プログラミング言語Rがなにか知りたい人
  • Rのインストール方法を知りたい人
  • RStudioのインストール方法を知りたい人

目次


なお、本記事の内容は下記書籍の内容を参考にしているため、合わせて参照してほしい。

統計用プログラミング言語Rとはなにか

Rとは統計処理に特化したプログラミング言語のひとつである。

R言語は誰でもその開発に携わることが出来るオープンソースのプログラミング言語であり、統計解析の諸分野に特化したパッケージが利用可能であるため、実務学術を問わず広く用いられている。

また、Rはフリーソフトウェアであることも特筆すべきである。

昨今のデータサイエンス・ビッグデータ解析などの流れを受け、その勢いは増すばかりである。

R言語はインストールすることで統計分析が可能になるが、本記事ではR言語を用いた分析をより簡単に行うためのツール(統合開発環境、IDE)であるRStudioを一緒にインストールする。

RStudioを使えば、R言語によるプログラムの実行やグラフ描画などが簡単に行えるようになる。

Rのインストール方法

RはCRAN(Comprihensive R Archive Network)のページからダウンロード可能であるが、日本からダウンロードする場合には、日本にあるミラーサイト(本家サイトのコピー)を利用する方が速い。

ミラーサイトは大学や研究所が運営するものが複数あるが、ここでは以下を利用する。

統計数理研究所 https://cran.ism.ac.jp/

今回はWindowsにRをインストールする。

ページに飛んだら、「Download R for Window」をクリックする。

 R for Windowsのページに移動する。

初めてRをインストールする場合、「install R for the first time」のリンクをクリックする。

ダウンロード画面に遷移するので、「Download R 3.4.0 for Window」をクリックし、ダウンロードする(Rのバージョンは異なる場合があるが、そのままダウンロードする)。

「R-3.4.0-win.exe」がダウンロードされたら、これを実行する。あとはデフォルトの設定通りに進む。




コンポーネントの選択画面で、不要なインストール項目のチェックを外す。今回は64-bitのPCにインストールするので、32-bit fileのチェックは外している。





以上でRのインストールが完了した。続いて統合開発環境RStudioをインストールする(なお、RStudioはRによる分析に必須ではないが、利用を推奨する)。

RStudioのインストール方法

RStudioはR言語による統計分析をサポートする統合開発環境である。

以下でRStudioのインストール方法を見ていくが、Rを先にインストールしてからRStudioをインストールすることに注意する。

まず、以下のサイトから、RStudio Desktop版のインストーラをダウンロードする。
https://www.rstudio.com/products/rstudio/download/


DOWNLOADをクリックすると、ページ下部でインストーラが並んだ部分に飛ぶ。

こちらから、自分の自分の環境にあったものを選ぶ。ここでは「RStudio 1.0.143 - Windows Vista/7/8/10」を選択した。

ダウンロードした「RStudio-1.0.143.exe」を実行し、RStudioをインストールする。選択画面はデフォルトの設定のままで構わない。




以上でRStudioのインストールが完了した。

R/RStudioを使う

RStudioを起動してまず表示されるConsoleはR言語のコードを入力する場所であり、結果も逐一ここに出力される(試しに1+1を入力しEnterを押してみよう)。

Environment/Historyは、定義した変数や関数が見られたり、コードの実行履歴が表示される。

Files/Plots…には、現在の作業ファイルの情報や図・グラフが表示される。

新しくR言語のソースコードをつくるときは、File>New File>R Script、もしくはCtrl+Shft+Nを押すと、新規ファイルが表示される。

ここにR言語によるコードを書いていく。

以下では例として、"Hello, world!"と表示させ、1+1と2*2(*は掛け算)を計算させるプログラムを作成する。

入力し終わったら、Ctrl+Sで保存し(hello_world.Rと名前を付けた)、これをRで実行する。

実行するときは、Code>Run Region>Run Allと操作するか、Ctrl+Alt+Rを押す。


左下のコンソール画面に結果が出力される。

まとめ

本記事では、統計分析用プログラミング言語Rとは何かについて説明し、そのインストール方法を紹介した。

また、Rによる分析を簡単にするための統合開発環境RStudioのインストール方法も紹介した。

Rによる統計分析は金融分野でも広く行われており、今後も様々な分析例を紹介していく。

参考文献

[1]https://oku.edu.mie-u.ac.jp/~okumura/stat/R-win.html
[2]高柳慎一,井口亮,水木栄(2014),金融データ解析の基礎,共立出版

スポンサードリンク