エクセルVBAとはなにか、その使い方

本記事の目的と対象

本記事の目的は、エクセルVBAを用いたプログラミングを行うための環境を整備することである。

対象者は以下の条件を満たす読者である。
  • ご自身のPCにMicrosoft Excel(エクセル)が搭載されている人
  • エクセルを用いてプログラミングを初めてみたい人
  • VBAの使い方を知りたい人

なお、本記事の内容は下記書籍の内容を参考にしているため、合わせて参照してほしい。

目次

VBAとはなにか

VBA(Visual Basic for Application)とはMicrosoft Excel(以下、エクセル)に標準搭載されているプログラミング言語の一種である。

エクセルが搭載されているコンピュータであれば、すぐにVBAによるプログラミングを始めることができる。

VBAはエクセルの用途を拡大させたり、業務を効率化させるのに用いられる。

エクセル上で機能する関数を自分で作ったり、決まった手順を踏む一連の動作(プロシージャ)を定めることで、処理を自動化させたりすることが可能である。

VBAの使い方

VBAはエクセルに標準搭載されているので、エクセルが使えるコンピュータであれば設定を変えるだけですぐに利用することが出来る。

VBAを使えるようにするためには、エクセルのリボン(画面上部のタブ)に[開発]タブを表示させればよい。そのための手順は以下の通り。

  1. Officeボタンをクリック
  2. Excelのオプションをクリック
  3. [基本設定]の[開発]タブをリボンに表示する、にチェック
  4. リボンに[開発]タブが追加されていれば完了
  5.  

VBAプログラムを書く直前まで

[開発]タブが表示されたら、VBAのプログラムを書くウィンドウが開ける。

ただし、ここまでの設定に加え、プログラムを書くためにはもうひとつ手順を踏む必要がある。
  1. 標準モジュールを追加する
  2. 標準モジュールとは、VBAのプログラムを実際に書きこむスペースである。

    新たにプログラムを書く際には、この標準モジュールを追加する必要がある。シートを右クリックし、挿入から、標準モジュールを選択する。
  1. Moduleが追加されていれば完了
  2.  

まとめ

本記事ではエクセルに付属するプログラミング言語VBAについて解説し、その使い方を説明した。

VBAによるプログラミングをマスターできれば、業務の自動化したり、複雑な処理をコンピュータで実行させることができる。

参考文献

[1]Excel VBAのプログラミングのツボとコツがゼッタイにわかる本
[2]VBAエキスパート公式テキスト Excel VBA ベーシック